元WEB専門家の人生探訪記

元WEB専門家が人生の楽しさを求め、さまざまな気づきを発信するブログです。

未経験でもwebディレクターに転職できる!?

f:id:mrluckyboy:20170704232859j:plain

web業界は年々雇用人数も増えており、今では様々なwebのお仕事が増えています。

そんな数多くある仕事の中でも、web制作会社において重宝されるのがwebディレクターです。

web ディレクターは簡単に言いますと、サイト運用をする際に、クライアントとの窓口になり、クライアントの要望をヒアリングし、最適解を出して、制作会社にそれを伝える仕事になります。
要はクライアントとのコミュニケーションを主とした仕事となります。

これはAIでは実現されない、かつ外部にも委託できない仕事であるため、社内では重宝されるポジションの仕事となります。

また、実績次第ではクライアントからのヘッドハンティングもあるため、将来、メーカー企業など委託する側でのサイト運用を考えている方にはオススメの仕事となります。

では、ここからはそんな社内やクライアントからも重宝されるwebディレクター、web 業界が未経験者でも転職できるのかを詳しくご紹介します。

 

経験でもwebディレクターに転職できる

結論から先に言いますと、全くweb業界に携わったことがない人でも、webディレクターに転職できます。ただ、誰でもなれるのかというとそうではありません。
それは別でお話ししますが、まずはなぜ未経験者でもwebディレクターに転職できるのかをお話しします。

先述した通り、webディレクターの主となる仕事はお客様とのコミュニケーションとなります。

コミュニケーションとはクライアントからの要望をきちんと ヒアリングし、最適な解、つまりはサイトのデザインやコンテンツの見せ方などサイト運用や制作に関する提案ができることです。


さらには、社内のwebデザイナーやwebプログラマーにクライアントの要望内容を伝えてるなど、社内コミュニケーションも必要となります。

webの知識は必要となりますが、上記の通り特別なものはなく誰でもできる仕事なのです。

ですが、webディレクターは属人化されいて、一人一人のスキルが違うため、依頼する人によっては結果が大きくことなる場合があります。

そのため、社内でも優秀なwebディレクターは重宝されるのです。

未経験者であっても、転職後に優秀なwebディレクターになれます。
だからこそ、未経験者でもwebディレクターとして採用する企業があるのです。

ebディレクターに必要なのは資格ではなく経験

前述した通り、webディレクターは特別なスキルは必要なく、クライアントや社内のコミュニケーションをきちんとできれば、未経験者でもwebディレクターの仕事は十分に務まります。

未経験でもwebディレクターに転職できる理由には、特別な資格が必要ないこともあります。

弁護士や税理士、会計士になろうとしても、それぞれ特別な資格が必要となります。
しかも、資格取得にも時間やお金もかかるため、難関資格にもなっています。

身近なものでいいますと、経理など事務作業も資格があるとないとでは、雇用に差があります。
簿記何級といった資格者雇用といったかたちで、そもそも資格所有者しか雇用しないところもあります。

そういった仕事に比べるとwebディレクターになるための資格は存在しません。

なので、誰にでもwebディレクターになる資格が与えられているのです。

webディレクターに必要なのは資格ではなく、経験値が必要となります。
ただ、これは応募資格ではなく、webディレクターになった後に必要なものとなります。

当然ながらwebディレクターに転職する際には、webディレクターの経験値があるとないとでは圧倒的に雇用の差はでます。
給与待遇ももちろん異なります。

ですが、未経験でも後から経験値を積めば育つと期待されること多いため、誰でも仕事に就ける資格はあるのです。

未経験者が、webディレクターに転職するために必要なのは情熱と忍耐です。

webディレクターに限らずweb業界は次から次に新しい技術が出てくるほど、めまぐるしい発展があります。
それに対する積極的な情報のピックアップが必要で、常にアンテナを張っておくことがとても大切になります。
そうしておかなければ、他社に先越され、市場を取られることもありえるからです。

また、サイトへの愛情に近い情熱が必要です。
このサイトをよくしたいという熱い思いが、より良いサイトへと改善できる原動力にもなりますので、是非、受けた案件のサイトに熱い想いを持ってください。
そうすれば、必ず結果も付いてくるはずです。

未経験者のwebディレクターが転職後に必要な知識

これまでご紹介してきた通り、webディレクターにはコミュニケーションのスキルが重要となります。
コミュニケーションを円滑に進めるために、まずはwebに関する知識が必要です。

必要な知識は以下となります。

・webに関する基本的な知識
・GoogleAnalyticsの使い方
・ディレクターの役割
・クライアントの業界

これからwebディレクターとなるからには、上3つの知識は必須となります。

最初は当然ながら何もわからないため、必死で勉強するしかありません。

研修受けて先輩と同行して〜とのんびり考えてる暇は全くありません。

大企業であれは、もしかするとのんびりプランもあるかもしれませんが、webのベンチャー企業となると大体は1ヶ月もしないぐらいに案件を持つことになります。
前職がwebディレクターで働いていた場合は、即戦力としていきなり案件を持つこともあります。

いずれにせよ、ゆっくりと覚える時間はないと思っておきましょう。

短期間で知識を詰め込む必要があるため、実際に自分でサイトを作ったり、分析ツールを使ったりすることをオススメします。

やっぱり百聞は一見に如かずで、使って覚えた方が知識が定着しやすいです。
分析ツールは無料で使えるので、是非、使ってみましょう。

クライアントの業界に関する知識は、クライアントからヒアリングしてその都度覚えたり、事前に周りの先輩社員に聞くなどして、身につけていく必要があります。

新しい事は誰もが未経験者

webディレクターに限らず、webに関するお仕事全般に言えますが、webの技術進化は早く、常に新しい技術が生まれているといっても過言ではありません。

つまり、新しい技術はみんなが未経験者というわけです。
これに関しては誰も経験値がないため、ほとんど優劣がない状態となります。

ここに未経験でwebディレクターに転職した人は、一気に出世するチャンスともいえます。

特に通販などで海外進出を試みている企業であれば、webディレクターの経験よりも語学を重要視していれば、圧倒的に有利になります。

こういった未知の領域に対するチャレンジ精神があれば、未経験であってもwebディレクターとして務めることができます。

メーカー企業や銀行などまだ終身雇用が根強い企業に比べるとベンチャー企業では、下克上もできるため、出世欲が強ければ、どんどん伸びていくと思います。

未経験でwebディレクターに転職しても成功できる

これまで紹介してきたように、未経験でwebディレクターに転職しても、十分に成功できるチャンスはあります。

そのチャンスにいかに敏感に反応して、チャレンジできるかで、一気に出世の道が見えてくるのです。
無難な仕事ばかりしても、中々実績は伸びません。
常にチャンレンジとなる新しい仕事をとることで、未経験であっても、周りをあっと驚かせるwebディレクターになれるにです。

未経験だからこそ、新しいことに恐れなくチャレンジできることもあるため、目の前に自分が第一人者になれるチャンスがあれば、迷わず飛び込みましょう!

きっと、そこに新しい自分と出会えるはずです。